top of page
  • 執筆者の写真artemiacucina

仕込みは3分!味は抜群! 豆乳味噌


ジッパー袋、保存袋で手軽にできる味噌!


豆乳味噌は酵素の宝庫!


「1日いっぱいの味噌汁で医者いらず」と言われるほど味噌は日本が誇る健康発酵調味料です。

麹菌が生み出すさまざまな酵素をたっぷり含む酵素食品で、腸内環境を整える作用も抜群です!

でも味噌を手作りするのは面倒・・・と思って敬遠している人も多いはず。

そこで進めたいのがこの豆乳味噌!

仕込み3分で、あとは時々袋の口を開けて空気を抜き、揉むだけなので誰にでも作れます。

その上、市販の味噌より塩分控えめ、無添加、旨味が強いので、出汁は不要。

お湯を注ぐだけでも味噌汁ができる! さっと溶けるので、いろいろな料理にも使える!

といいこと尽くめです!



材料(作りやすい分量)


豆乳   200ml (乾燥麹を使う時は100mlプラス)

米麹   200g

天然塩   32g

密閉式保存袋  1

消毒用アルコール



材料はこれだけ!


作り方

保存袋や使う道具はきれいに消毒しておきます。



保存袋に塩、


豆乳


麹を入れてよく揉んで全体をよく混ぜ合わせます。


しっかりとよく揉んで全体をよく混ぜ合わせます。


袋の空気を抜いて、口を閉じ、常温に置いておきます。

毎日軽く揉みます。

直射日光は避けます。

1週間後。

仕込みから1週間経ったら、袋を開けて空気を入れ替えます。

そしてよく揉み込んだら、空気を抜いて袋を閉じます。

2−3日に一回、もしくはガスで袋がパンパンになっていたら毎日、この作業を繰り返します。

少しずつ麹の粒が柔らかくなり、色が濃くなっていきます。

途中水分が分離したらよく揉んで混ぜ込めばオッケー。


仕込みから1ヶ月以上経ち、味噌のいい香りが出始めベージュ色が濃くなってきたら完成。

お好みでさらに2−3ヶ月熟成させても美味しいです!


保存はジッパー袋のままでも、容器に移し替えても良いです。

うちでは容器に移し替え、その袋でまた仕込みます。

保存は冷蔵庫で、半年程度は問題なく保存できます。



味噌の使い方

汁椀に、大匙1−2の豆乳味噌を入れます。


熱湯ではなく、70度前後のお湯を180−200ccほど入れます。

70度くらいのお湯を入れることで、麹菌は死なず、生きたまま体へ届きます。


あとはお好みの具を入れるだけ!

今日はわかめ、豆腐、ネギです。


出汁を入れなくても旨味が濃い!

こんなに簡単に激うまな味噌が作れるんです!

やはり自家製が一番!


この豆乳味噌でダイエットや、体調の改善、腸活がとてもうまくいき、調子が良くなったという人が多いです。

意外に侮れないこの豆乳味噌、簡単に作れるので一度試してみては?

味も抜群です!

作ってみたら報告お待ちしてますね!




この豆乳味噌の作り方を動画で見ることができます、

チャンネル登録、高評価、コメント、各種SNSのフォロー、お願いします!

皆さんからの料理のリクエストもお待ちしています! お気軽にリクエストしてください!


【公式アカウント】


この動画を参考に作った時は、SNSで# ArtemiaCucina のタグをつけて投稿してもらえるととても嬉しいです!




#豆乳

#豆乳味噌

#味噌

#手作り味噌

#手前味噌

#麹

#米麹

#ダイエット

#脂肪燃焼

#酵素

#アレルギー改善

最新記事

すべて表示
bottom of page