top of page
  • 執筆者の写真artemiacucina

カッサータ Cassata Piemontese


今バズり始めているカッサータ!

今年のデザートはマリトッツォに続いてこれ!

イタリアの冷たいお菓子で、有名なのはシチリアのカッサータ。

日本でバズり始めているのはシチリア風ではなく、ピエモンテ風!(これはイタリアではマイナーですが、知ってる人は知っています)

ピエモンテ州はイタリア北部の州でフランス、スイスとの国境もあります。

今日はそんなピエモンテ風カッサータを紹介します。

材料を混ぜて加えていくだけでイタリアンドルチェの出来上がりです!


材料(作りやすい分量)18cmのパウンド型使


リコッタ    300g

ベリー     300g

オレンジピール  15g

チェリーピール  15g(なければオレンジやシードルのピールに代用可)

ヘーゼルナッツ  50g

砂糖      300g

ダークチョコレート 30−50g

生クリーム    100g


ゼラチン     大さじ1−2(倍量の水でふやかし、600wのレンジで30秒温めて溶かしておきます)


トッピング

ラズベリー等のフルーツソース



作り方


チョコレートは粒のもの、もしくは板チョコの場合は刻んでおきます。

ヘーゼルナッツはフライパンで香ばしく炒って冷ましておきます。


生クリームに、1/3の砂糖を加えます。


しっかり目にあわ立てておきます。



リコッタチーズをボウルに入れ、生クリームを泡立てた泡立て器をそのまま使ってほぐします。


ほぐしたリコッタチーズに砂糖の2/3を加えます。



クリーム状になるまでしっかりと良く混ぜます。



よく混ざったリコッタにチョコレートを加えます。


荒く刻んだへーゼルナッツを加えます。


お好みのベリーを加えます。


ピールを加えます。今日はオレンジだけです。


よく混ぜ合わせます。


泡立てておいた生クリームを加え、さっくりと混ぜ合わせます。


レンチンでふやかしたゼラチンを加え、手早く混ぜ合わせます。


ゼラチンが全体に行き渡るように、手早くしっかり、さっくりと混ぜます。

混ぜ合わさったら型の準備をします。


パウンド型の内側、全体にぴっちりトラップを敷きます。


そこに出来上がったリコッタクリームを入れ空気が入らないように底からしっかり詰めていきます。


しっかり生地を詰めたら、最後はラップで閉じます。

型ごと冷凍庫に入れ固めます。

半日以上冷凍庫に入れ、しっかり固めます。


食べる2-3時間ほど前に冷凍庫から出し冷蔵庫へ入れます。

(硬さはお好みで調整してください)

型からカッサータを外すのに、濡れ布巾や、ぬるま湯にパウンド型をつけ、周りをほんの少しとかします。


そうすることで型から取りやすくなります。

あとは盛り付けるだけ!


お好みの厚さに切って取り分けます。


ベリーのソースを添えて食べると、さっぱりととても美味しいです!


色々な食感も楽しめる、とても美味しいデザートです。

なんと言っても混ぜて加えて固めるだけです!

簡単に作れます!


甘さはイタリア用の甘さにしてあるので、甘さ控えめが良い方は、砂糖の量を減らしてください。

酸味のあるベリーがたっぷり入っているので、イタリア仕様もありですよ!

イタリアのシンプルな甘いデザートをお楽しみください!



このカッサータの作り方を動画で見ることができます。


チャンネル登録、高評価、コメント、各種SNSのフォロー、お願いします!

皆さんからの料理のリクエストもお待ちしています! お気軽にリクエストしてください!


【公式アカウント】


この動画を参考に作った時は、SNSで# ArtemiaCucina のタグをつけて投稿してもらえるととても嬉しいです!





#カッサータ

#イタリアンドルチェ

#イタリアンデザート

#今年のスイーツ

#バズりスイーツ

#シチリア

#ピエモンテ

#次のスイーツはこれ


最新記事

すべて表示
bottom of page