top of page
  • 執筆者の写真artemiacucina

腸活!菌活!食べるミネストローネ


6倍発酵食品! 


発酵トマトや発酵玉ねぎにプラス、発酵食品である、キノコ、チーズ、そして日本固有の発酵食品の味噌や塩麹を入れました。

塩分をとりすぎることなく、血管が硬くなるのを予防してくれるスープです!

トマトは豊富なリコピンは活性酸素の働きを抑えてくれ、しかも加熱すれば吸収力が3−4倍になります。

具材には抗酸化作用の強い鳥の胸肉、ブロッコリー、玉ねぎ、そしてカリウムが豊富で高血圧や動脈硬化の原因となる塩分を排出してくれるアボカドも入っています!


焼いたパンと一緒に食べれば大満足の一品!

ほっこりとお腹にも優しい腸活・菌活スープです。

是非お試しを!


材料(1−2人分)


水     200−300cc

発酵トマト  500g

塩麹      少々

発酵玉ねぎ  大さじ1−2

鶏胸肉    200g

キノコ    1パック(お好きなキノコ)

ブロッコリー  1株

アボカド    1個

豆       1缶(お好きな煮豆や蒸し豆を使います、今回はひよこ豆)

味噌      大さじ1

こしょう    適宜

チーズ     たっぷり(とろけるチーズやパルメザンチーズなどお好きなもの)



鶏肉は削ぎ切りにしておきます。



キノコは小さめに切ります。


ブロッコリーは一口サイズに切ります。 芯も使います。


アボカドは賽の目に切っておきます。


水煮缶の豆は汁気を切っておきます。


鍋に水を入れ、発酵トマトを入れ火にかけます。


発酵玉ねぎを加えます。


ここからは順に具材を加えていきます。


鶏肉を加え、続いてキノコ、豆を加えます。


具材に火が通ったら、塩麹、味噌を加えて味を調整します。


よくかき混ぜます。


具材に火が通ったら最後にアボカドを入れて出来上がり!


器にもり、胡椒、パルメザンチーズ 、


オリーブオイルをかけます。


Buon appetito!!!



この料理の作り方を動画で見ることができます!

チャンネル登録、高評価、コメント、各種SNSのフォロー、お願いします!


このサイトを参考に作った時は、SNSで#ArtemiaCucina のハッシュタグをつけて投稿してもらえるととても嬉しいです!

閲覧数:49回0件のコメント
bottom of page