top of page
  • 執筆者の写真artemiacucina

スペアリブのアドボ 準備は10分、後はほったらかし!


アドボはフィリピンの肉料理。

スペアリブをガツンと使った迫力煮込み!旨味たっぷりのコクはしっかりと、後味は酢の力でさっぱりです。

フィリピンのアドボは主に肉や野菜を煮込んだ料理のことをいい、フィリピンでは日常的によく食べられる家庭料理のひとつです。代表的な家庭料理でもあり、それぞれの家庭で独特なアドボがあるのも特徴です。具材はいろいろバリエーションがありますが、肉は主に骨付きの鶏肉や豚肉を使うのが代表的と言われています。


フィリピンはその昔、スペインの植民地だったことから、スペインの影響を受けている料理が数多くあり、アドボもそのひとつです。アドボはスペイン語で「マリネ」や「漬け込む」という意味があるため、フィリピンでは酢で漬け込んだお肉を煮込んだ料理をアドボと呼ぶようになりました。


そんなアドボを今日はスペアリブとししとうで作ります!



材料(2−3人分

スペアリブ    700−800g

塩、胡椒      適宜

ネギ        1

ししとう      10

ニンニク      2−3

醤油        100cc

酢         100cc

酒         100cc

黒砂糖       大さじ3

ローリエ      2−3

オイル       

 少々



作り方

スペアリブに塩、胡椒をしておきます。


鍋にオイルを引き、両面こんがり焼き色をつけます。

焼き色がついたら一度取り出しておきます。


 鍋に潰したニンニク、長ネギを入れます。


鍋に肉を戻し、そこに醤油、酢、酒、黒砂糖(普通の砂糖でも良いです)、ローリエを入れ蓋をして、弱火で約60−90分煮込みます。



約1時間後、蓋を開けるとこんな状態です。

肉はトロトロです!


残り5−10分の、もう出来上がり直前というところでししとうを加え、再び蓋をしてさっと煮込んで出来上がり。


どうですか?

美味しそうに出来上がりました!




肉はジューシーでほろほろ!

ご飯が進みます!


ほったらかしでできる最高に美味いおかずです!

ぜひお試しください!




このアドボの作り方を動画で見ることができます。


チャンネル登録、高評価、コメント、各種SNSのフォロー、お願いします!

皆さんからの料理のリクエストもお待ちしています! お気軽にリクエストしてください!


【公式アカウント】


この動画を参考に作った時は、SNSで# ArtemiaCucina のタグをつけて投稿してもらえるととても嬉しいです!





#アドボ

#adobo

#フィリピン料理

#スペアリブの煮込み

#骨つき肉の煮込み

#スペアリブ

#ほったらかし料理

#簡単レシピ

#準備は10分


bottom of page