top of page
  • 執筆者の写真artemiacucina

シチリア風カリフラワーのパスタ

イタリアではこういう野菜の使い方よくするんです!

日本ではまず考えつかない、びっくりするソースの作り方!

でもこのソース、うまいんです!

初めて見たときは、えっ??? そんな作り方???

と思います!

でも、一度試してみてください!

鍋とフライパンこの二つで簡単に作れます!

新しい発見になること間違いなし!!!



今が旬のカリフラワー。

ビタミンCを大変豊富に含み、熱を加えてもビタミンCが壊れにくいという特徴があります。風邪予防や肌を美しくする効果が期待できます。

カリフラワーのビタミンCは、茹でた後でも同量のレモン果汁とほぼ同じです。

そんな優秀野菜カリフラワーを使って、イタリアでは定番の「シチリア風カリフラワーのパスタ」を作りましょう!

材料

カリフラワー  500g

パスタ     320g  

ニンニク    1片  

唐辛子     1本  

干しぶどう   大2−3(水につけ柔らかくしておきます)  

松の実     大2−3  

アンチョビ   1−2

パルメザンチーズ 適宜

鍋に水を入れお湯を沸かします。

その間にカリフラワーを処理していきます。

周りの葉っぱをとり、カリフラワーを細かく切っていきます。


お湯が湧いたら塩を入れ、切ったカリフラワーを入れて茹でていきます。


ここでしっかり茹でます。

手でつぶせるくらいの柔らかさになるまで茹でます。


カリフラワーを茹でている間に、ソースの準備をします。


ニンニクは皮付きのまま潰しておきます。


フライパンに潰したニンニク、種を取った唐辛子とアンチョビを入れます。


オリーブオイルを入れ、フライパンを弱火にかけます。

ゆっくり火を入れることでアンチョビ が溶けてきます。


柔らかく湯だったカリフラワーをフライパンに入れます。


カリフラワーをフライパンに移したら、その茹で汁でパスタを茹でます。


フライパンに茹で汁をお玉一杯足し、前もって水に浸け柔らかくした干し葡萄を入れます。


松の実を加えます。


パスタを表示茹で時間の3分前にあげ、フライパンへ入れます。

ここでよく混ぜ合わせます。

残りの茹で時間はこのフライパンの中で行います。

フライパンを振ってよく混ぜ、乳化させます。


アルデンテに仕上がったら火を止め、パルメザンチーズ入れよく混ぜます。


皿にもりつけ、追いチーズ!


オリーブオイルを一回しして。。。


出来上がり!

Buon appetito!!!


このパスタの作り方が動画で見ることができます!


閲覧数:753回0件のコメント

Comments


bottom of page