top of page
  • 執筆者の写真artemiacucina

鶏胸肉の北アルプス風(ハムとモツァレッラ乗せ)


Valle d'aosta(ヴァッレ ダオスタ)州でよく作られる料理です。

スイスとの国境に近いこちらの地方では、チーズを使ったレシピや、寒い地方で食べるこってり料理が多いのですが、この鶏胸肉の北アルプス風はコクがあるのにさっぱり!

簡単にできるので、ぜひ作ってみてください。

子供にも大人気です!


材料(二人分)

鶏胸肉    200−300g

ハム      数枚(薄切りのものが良い)

モツァレッラ   1−2個(とろけるチーズや、お好みのものでOK!)

パセリ      適宜

小麦粉      適宜

ニンニク     1

白ワイン     200cc

こしょう



まず鶏肉1cm厚さの削ぎきりにします。


削ぎキリした肉に塩、胡椒します。


両面に小麦粉をまぶします。


パセリはみじん切りに、モツァレッラは薄くスライスしておきます。


肉を調理していきます。

潰したニンニク、オリーブオイルをフライパンに入れ、弱火でゆっくり香りを出していきます。


ニンニクの香りが立ってきたら、鶏肉を入れます。

焼き色がついたらひっくり返します。


肉をひっくり返したら、ハムを乗せます。


ハムの上にモツァレッラを乗せます。


白ワインを入れます。


アルコールを飛ばしたら、蓋を閉めて蒸します。


モツァレッラが溶けてきたら蓋を開け、パセリを散らします。


あとは皿に盛り付けて出来上がり!

残った煮汁も全て入れましょう!

Buon Appetito!!!



この料理の作り方を動画で見ることができます。


チャンネル登録、高評価、コメント、各種SNSのフォロー、お願いします!

皆さんからの料理のリクエストもお待ちしています! お気軽にリクエストしてください!




閲覧数:13回0件のコメント
bottom of page