top of page
  • 執筆者の写真artemiacucina

超ジューシー柔らか、冷製よだれ鶏


よだれ鶏ってよだれが出るほどうまい!と言う意味があるらしいです!

四川料理の中っでも有名な料理!

今回は鶏モモ肉で!

よだれが出るほど美味しいとは、まさにこのよだれ鶏!

よ〜く冷やして食べれば、夏の暑さでももりもり食べれます!

ニンニク、生姜はあえてトッピングにしているので、お好みで好きなだけ!

さっぱりなのにコクがある、ビールの進む一品です!


材料(3−4人分)

鶏もも肉  500g前後


マリネ液

水     100cc

砂糖    小さじ2

塩     小さじ1


茹で用

たっぷりのお湯

生姜(皮付きのまま) 1カケ

ねぎ(青い部分)   1本分


タレ

しょうゆ     小さじ4

鶏肉茹で汁    小さじ4

酢        小さじ3

砂糖       小さじ1

ごま油      小さじ1

ラー油      小さじ1/2

鶏ガラスープ(顆粒)小さじ1/2

トッピング(お好みで)

白ネギ      1/2本(50g)

白いりごま    小さじ1

スライスにんにく 2−3個分(あれば新ニンニクが良いです)

刻みしょうが   2−3cm分(あれば新生姜が良いです)

パクチー(ざく切り) 適量



マリネ液を作ります。

材料を全て混ぜ合わせておきます。


鶏肉を取り出します。


鶏肉を保存袋に入れ、マリネ液も加えます。


空気を抜いて袋を閉め、冷蔵庫で最低1時間〜1日寝かせます。

できれば1日つけましょう。


鶏肉を寝かせたあと、茹でる準備をします。

ネギと生姜を切ります。


ネギは大きく半分くらいに、生姜はスライスして鍋に入れておきます、


マリネした鶏肉をマリネ液ごと鍋に入れます。


鶏肉が浸かるまで水を入れます。


弱火にかけ沸騰直前まで温め火を止めます。


灰汁を取っておきます。

このまま冷まし、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やします。


食べる時のトッピング用のニンニクと生姜を切ります。


ニンニクは薄くスライス、生姜は千切りにしておきます。

食べるときにお好みでトッピングします。


タレを作ります。

全てのタレの材料を混ぜ合わせておきます。


ネギを白髪葱にしておきます。(お好みで薄切り、輪切りでも)


水にさらして辛みをとります。


鶏肉の準備をします。

よく冷えた鶏肉を冷蔵庫から取り出します。


鶏肉は5mm〜1cm幅にスライスします。


白ネギ、胡麻、パクチー等を盛り付けて、お好みでニンニク、生姜と共に食べます。

これからの季節しっかりと冷やして、冷製よだれ鶏にすると夏の暑い夜には最高です!

Buon Appetito!!!



このよだれどりの作り方を動画で見ることができます。

チャンネル登録、高評価、コメント、各種SNSのフォロー、お願いします!

皆さんからの料理のリクエストもお待ちしています! お気軽にリクエストしてください!





#よだれ鶏

#ジューシー

#冷製

#pollo

閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page