top of page
  • 執筆者の写真artemiacucina

焼いた翌日もフワッフワ! 基本の菓子パン生地とウィンナーパン



パンを焼くの楽しいですよね!

でも家で焼くとどうしても次の日にはカチカチになることがあります。

ちょっと工夫して老化の遅いパンに出来上がりました。

とても扱いやすい生地ですので、初心者でも簡単に作れると思います。

今回は機械捏ねしていますが、もちろん手ごねでも問題ありません!

今回はこの生地を使って、友人の子供たちからのリクエストでウィンナーパンを作ります。

とても簡単でお店の味!

ぜひお試しください!



材料(作りやすい分量)


強力粉     350g

薄力粉     150g

砂糖       40g

塩         8g

スキムミルク   30g

イースト      8g

生クリーム    90g

玉子     S玉 1個(40g)

水        200g前後

バター(室温)  25g


艶出し用玉子    適宜

ウィンナー     8本

マヨネーズ     適宜

ケチャップ     適宜


作り方

材料をまずきちんと測ります。


生クリーム+水は、全て牛乳に置き換えても大丈夫!


バター以外の材料を全て混ぜ合わせます。




機械コネの場合は、ある程度こねたら常温に戻したバターを加えてさらにきめが細かくなるまで捏ねます。


手捏ねの場合は、生地がツルツルになって来たら、バターを加えて、バターが生地に馴染むまでよく練り込みます。


脂が馴染んでまとまったら、ラップ、もしくわ濡れ布巾をして倍量に膨れるまで発酵させます。


生地がまとまったら、一時発酵。

数時間後。。。

発酵が終わったら生地を取り出し、ガス抜きをして、今回は8等分にします。


一度生地を休ませます。

ここで、丸めた生地に布巾などをかけて10−15分ほど休憩。(ベンチタイム)


ベンチタイムが終了し、ここから成形します。



生地を軽く押さえてガスを抜き、麵棒で伸ばします。

ウィンナーの大きさによって調節します。


伸ばした生地の半分をスケッパー等で切り込みを入れていきます。


マスタードを塗ります。


手前からくるくると巻き、まき終わりを軽く閉じます。


閉じ目は下にして生地を置きます。


成形が終わったら最終発酵!(約30分ほど)

生地が1、5倍くらいに大きくなるまで発酵させます。


発酵が終わったら、生地の上に溶き卵を塗ります。


お好みでマヨネーズとケチャプをトッピング!

180度に予熱したオーブンで15分前後焼きます。


出来上がり!

焼き立てはもちろん、次の日も美味しいです!


一つずつラップ等に包んでおくと柔らかさを保ちます。

温め直す時はラップのままレンジで10−20秒、もしくはトースターで数分温めてください。

焼きたての食感になります!



Buon Appetito!!!


美味しい菓子パンは家で簡単に作れます。

またこの生地を使っていろいろな菓子パンを楽しめます!

ぜひアレンジしてみてください!



このウィンナーパンの作り方を動画で見ることができます。

チャンネル登録、高評価、コメント、各種SNSのフォロー、お願いします!

皆さんからの料理のリクエストもお待ちしています! お気軽にリクエストしてください!


【公式アカウント】


この動画を参考に作った時は、SNSで# ArtemiaCucina のタグをつけて投稿してもらえるととても嬉しいです!





#菓子パン

#調理パン

#基本のパン生地

#ウィンナーパン

#簡単パン生地

#調理パン生地

#次の日もふわふわ

#panegiapponesd

#paneconwurstel

#sausagebread

#japanesebreadrecipe

#ricettapanegiapponese

#wurstel

#sausage

#breadrecipe

#ricettapane


bottom of page